読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Plan:P

個人的な趣味を適当に綴るブログです

インペリアル サガをやってみて

最近はどんなことであれ記事にしてみていて我ながら良いことだと思っています。
内容はともかく。

さて今回は最近やたらと広告スペースで目にするインペリアル サガの感想です。
サガシリーズはドラクエの次に本格的に着手したRPGでかなり思い入れの強いタイトルの一つであります。
サガシリーズ最新作と銘打って登場した本作はブラウザゲーム
課金要素がプンプンしますが友人がやり出した、というのを聞いて自分も始めてみました。
モバゲーで展開していたクソつまらなかったエンペラーズ サガのようなものでないことを祈って。

ストーリーは割愛して。まず戦闘システムですが、これはロマサガシリーズを踏襲して作られています。
コマンド選択、陣形、ひらめきによる技の習得、さらに技の掛け合わせで連携が起きることがあります。
戦闘終了後、ステータスアップする時に関連するキャラ同士がパーティ内にいると会話しているような内容になるのも良いです。
ですが、ここでさっそく戦闘の難点を挙げますとそれは命中率です。
技の命中率が武器にもよるでしょうが大体80前後。上昇させることはできますが、かなりの労力が必要みたいです。
通常攻撃でも命中難は存在し、スパロボで言えば集中かけて100%にしておきたい状況が常に起こっているような感じです。
敵にも命中率はありますが、まあ気休めみたいなものです。

次に施設諸々。このゲームは基本的に行動するのに時間的制約はないのですが、各種施設を用いるとなると話は別です。
まず回復手段となる宿屋。HPの減り具合によって待ち時間が増えます。しかし、傷薬という時間短縮アイテムが手に入りやすいのもあって今のところはここで時間を取られることはあまりありません。
ただベッドの数分しか仲間を休めさせられず、増やすのは有料です。
次に兵舎みたいなトコ。ここはいわゆるガチャ場みたいなもの。
演出が何やら多人数で競っている感じなので、恐らくトライアウト的なことを行っているのでしょう。そうなると実力が高いものが勝って然るべきのはずなのですが、運営試験官の仕掛けた見え見えの罠にハマって高レアリティのキャラはことごとく脱落していき、もはや茶番以外の何物でもありません。
次に技と術の修練場、修行場に工房。工房は材料さえ持っていけばすぐに装備品が手に入ります。ノーラさん有能。術と修行は時間がべらぼうにかかります。時間短縮には当然アイテムが必要になります。技の修練場は技を別のキャラに継承する所ですが、サポート要員と称して人柱を立てて成功率を上げます。ちなみに術の修練場と工房のグレードを上げる際にも人柱を要します。
恐るべき因習が今も色濃く残る、ブラック帝国の闇を垣間見た気持ちですね。
ちなみにやっぱり施設拡張の時も長い時間がかかります。

もう後はザックリ箇条書きで書いていきましょう。
・各キャラLP0で再使用不可、更に戦闘した敵の強さによって成長率の伸びが変わるなど、辛いサガ仕様はしっかりとここでも活かされている。運良く手に入れた高レアリティキャラも例に漏れないらしいので大切にしたい。
・無課金としては有料通貨であるクラウンは少しでも欲しい所。マップの踏破率をSにすると初めてに限り20クラウン貰えるが、パーティの貧弱さゆえ分岐の増える難易度高マップはまとまって進むしかなくなる。おとなしくログボで貯めていくのが良さそうだ。
・道中、河馬人間なるクラウン乞食が現れる。RS2に同名の敵が存在するがあんなオッサンではなく可愛らしいカバぐるみを着た美少女な見た目だ。クラウンを寄付するとやや進軍した後にまた邂逅し、何かしらくれる。払ったクラウンに見合うかどうかは神のみぞ知る。その内、皇帝の辛辣な態度に同情しながらクリックしていることだろう。


と、いつも通り文句が頻出していますが良い所もちゃんとあります。
まず音楽。マップによっては昔懐かしいRSシリーズの曲がかかりますし、インペリアル サガ用の新曲も良い感じです。
そしてサガファンには嬉しい数々のイベントの延長が描かれていたり、おなじみのほぼ暴言といってもいい選択肢のセリフややり取りなども嬉しいところです。

とはいえ基本無料ゲーの宿命とはいえ、やはり何でもかんでもお金が絡む仕様ってのは好きにはなれませんね。
回復や修行に時間を要するのはある意味リアルっちゃリアルですけど、結局はユーザーの不満点になりがちな要素が取り入れられてしまっただけに感じられます。
まあビジネスなんでしょうがないんですけど、いかにこのビジネスを思い起こさせないゲーム内容にするかではないでしょうかね。このタイトルに限ったことではないですけど。

とにかくストーリーは面白そうなので読み進めていきたいですけど、詰まったらその場で放置しそうです。
自分はSAGA2015に思いを馳せることにします。