読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Plan:P

個人的な趣味を適当に綴るブログです

アイマス 10thLIVE 参加してきました

7/18-19と開催されたTHE IDOLM@STER M@STERS OF IDOL WORLD!!2015に参加してまいりました。
アイマスのライブはこれで3度目の参加、両日とも行くのはこれが初めてです。

まずは一日目。今年の会場は念願叶って西武プリンスドーム。ライオンズの本拠地です。
ドームは村山貯水池を見学に行った時に外観をちょこっと見た程度で、実際に足を運ぶのはこれが初めてでした。
地元の友人と所沢で待ち合わせてから現地入り。その友人のグループの方達と初お目見え(今年のコミティアで顔合わせした人もいらっしゃった)。
全国のPが密集した電車に乗って現地入り。天気が優れず、入場するまで友人たちが乗ってきたレンタカーに避難させてもらってました。
その間にも新たなPさんと出会いがあり、今回はどんどん名刺が消費されてって嬉しかったです。

そうして頃合いを見て入場。席は内野席下段の前から数えて四段目。
手前のステージまで来てくれればアイドルの表情までうかがえるくらいの距離でした。
球場ならではの打順でアイドル紹介するのは気に入りました。
脳内でえりりん左前、ミンゴス一犠打、あずみん中前、ひろみさん右犠飛……とかやってたのはナイショ。
何はともあれ開演直前のドキドキは3回目でも変わりません。同期なのに何光年先もP活動が進んでる友人も同じだった模様。

そうしてお馴染み協賛企業コール、社長のお言葉、間島Pとぷちを交えた諸注意(SSAとリンクしてるのが面白かった)を経てライブスタート。
ここだけの話、自分はかなりのP力不足で未だにコールは周囲の見よう見まねです。
曲も今回のライブで初めて聞くなんてのもありましたが、それはそれで収穫。
今回特に気に入ったのはPon De Beach絶険、あるいは逃げられぬ恋細氷です。
この日の個人的ハイライトはrelationsを耳で聞いて映画のギクシャクってるシーンでのピアノバージョンのが頭とで交互に流れて何か来るものがあった所です。
アンコール間のガミP達のメッセージも盛り上がりましたね。

ライブ後は毎度の満足感に浸りつつ、規制退場の指示に従って駅へ向かってみるとこれまた毎度の人の海。さすがに慣れた、とは思っててもやはりライブで四時間以上、更に満員電車の中でも立っているとなると限界警報が鳴りますねぇ。
それでもどうにか無事帰り、マスピでUOが折れない悲しみを翌日でも繰り返さないようドンキに寄るも駅前では見つからなかったので隣町のドンキまで行くというハッスルぶりを最終的には見せたりしましたが。

二日目。この日は前日と打って変わって照りつけるような太陽が頭上にありました。ドームに入ってから一雨あったみたいですが、会場内も気温とPと二つの熱気が混ざり合って前日とは比べものにならないくらいアツかったです。
この日はシンデレラガールズ、ミリオンスターズも本格参加の日で、開演前には球場とドンピシャのユッキの気持ちいいよね一等賞などがかかったりして気分を盛り上げてくれました。

そうして昨日同様ソワソワしている所で開演。本日の諸注意は会場に来ていたバネPと武内Pが担当。武内Pの渋い生声にはヤラれました。バネPとの掛け合いも面白かったですし、こりゃデレマスアニメをますます応援したらねば! と。
本日はReadyから始まりおねシン、Thank youのデレミリ二タイトルのメインテーマでシンデレラガールズ、ミリオンスターズが登場しました。
この日の最高の出来事はキラメキラリから始まった、内野席の上下段間をアイドルがトロッコで移動する所です。
我々の席は上段の前から二段目だったので目線も距離感も最適。
眼前2m内の距離でアイドルを拝めるなんて素晴らしいとしか言いようがありません。WWEライブの時の席も良席でしたし、今年の自分の席運はヤバイと自負できます。
ドリームメドレーが来ると会場内のボルテージはまた一段上昇。
知識不足の自分にはTwilight Skyのだりージュリアコンビのような、曲のアーティストと接点や近いものがある人と組ませたというくらいでしか理解できてませんでしたが、その後の打ち上げで更なる深みをバンバン解説されて目からウロコでした。
長めの休憩終わりの所では876の曲も使われていましたね。

こうしてドリームメドレーもバラードタイムに入って、〆はmy songSSAで初めて聞いて気に入った曲です。ここで歌ったのはアイマス初期メンバー、10年間携わってきたこの日参加の6人です。隣の友人はここのトークで号泣。更に逆のお隣さんもここで号泣。俄かPの自分でも10年間の足跡が見えてくるような、そんなジンと胸に来るトークでした。
もちろん10年というのは一つの節目、アイマスはこれからも続いていくよというのを次のStar、ミリマスの新曲Dreamingで感じさせてもらいました。
マスピが終わってアイドルは一時退場、アンコールの中で昨日同様社長が登場します。

このアンコール前の発表がこの日一番の歓声を呼びましたね。
765は太鼓の達人とのコラボゲーム発表、PS4での新作発表。(この日は尺の都合か、鉄拳コラボのCMはありませんでした)
デレマスはアニメ二期のCMとキャンペーン情報、リズムゲーのCM。ライブ情報。
そしてミリマスが一番すごかった。全国ツアーの開催の時は横の友人が発狂してました。その後の打ち上げでミリマス勢にその素晴らしさを懇々と語られました。
あとアニメらしき映像。ここでの佐竹ちゃんに「ぎゃわあああああああ」とオッサンらしからぬ悲鳴を上げたのはナイショで。

そうしてアンコールでカーテンコール、ここのトロッコではくぎゅと目が合った、合いましたとも。THE IDOLM@STERTHEアイ MUST GO! と繋がってフィニッシュ。あっという間の夢の二日間が終わりを告げたのでした。

その後は秋葉に繰り出して友人のグループの打ち上げに参加させてもらって交流させていただきました。口数が少なくて申し訳なく。それでも皆さんのお話のおかげで、アイマス力を吸収できたと思っております。


とにもかくにも今回もアイマスライブ、二日間とも本心のままに〆のアイマス最高を打ち出すことができました。
今はまだパフォーマンスを楽しむ余裕以上にコールに必死で付いていく達成感のが大きかったりしますが、いずれはコールとステージの凝視を両立して楽しめるようになっていきたいですね。
そしてやっぱりアイマスライブは観衆のどよめきも最高です。
野球をよく観に行くのですが、大きい打球と分かればみんな自ずと「うおおっ」と声を上げて波のようなどよめきが起こります。そうしてスタンドインすれば大歓声。この期待感を共有する一体感と盛り上がりようが自分は好きなんですね。
ライブも同じでコールもイントロでの驚きまじりの声も、全部が会場内が揺れ動くようなどよめきになって、みんなで一心にアイドルを応援したり待望の曲がキタ! って喜び合えている感覚がホントたまりません。
あとは打ち上げでも話題になりましたが、西武プリンスドームは球場と屋根との空間から屋外がよく見える構造なので、二日目には夕焼けの映えるシーンがありました。ちょうどUOを折る曲だったので自然のオレンジとサイリウムのオレンジの共演には唸ってしまったほどです。んおおお。
暗くなってのサイリウムも最高でした。個人的にこの光の海を見るのも楽しみの一つだったりします。
暑かったけれど、夢見心地の二日間。ずっと胸に残っていくと思います。

素晴らしいライブを見せて下さったアイドル、社長、同僚、スタッフ、協賛企業、そして最高の時を共に目撃した会場中のプロデューサー並びにプロデュンヌ全ての方々へ
ありがとうございました!